時間

MA2018 ヒーローズ・リーグ とは

Mashup Awards (MA) とは、2006年にはじまった日本最大級の開発コンテスト。様々なデバイスやAPI、ハードウェア、技術をMashupし、さらに人や企業もMashupしながら、作品を生み出すことを楽しむ「ものづくりの祭典」です。パートナー企業は60社を超えます。賞の数が多いこと、全国でイベント開催していることも特徴です。

Mashup Awards 2017 Final

Incredible Numbers

参加人数

開始から10年を超え、たくさんの方々が参加。MAを通じて完成した作品で、翌年からはMAにAPI提供パートナーとして参加されたり、様々な交流が生まれています。

賞の数

パートナー企業賞などはもちろん、以前から実験的・先鋭的な授受があった「個人賞」。
誰かの作品に Wow と感じたら、作り手同士で賞を贈り合いましょう。

提供デバイス・API

Mashup Awards の原点は、たくさんの機能をまぜあわせ(Mashupし)て、新しいモノ・コト・カチをつくりだすこと。
本年も多くのパートナー企業様から、ご提供いただいています。一覧はこちら

Make Wow, Feel Wow

MashupAwardsが始まった2006年と比べ、ITものづくりを巡る環境は大きく変わってきました。

WebAPIは格段にその数が増え、たくさんのサービスを活用できるようになり、
クラウドの充足により、比べ物にならないほどのコンピューティングパワーを利用できるようになり、
IoTという言葉と共に、その対象は物理的なものに移ってきました。

この変化に伴い、「ものをつくる」という行為に、より一層多くのクリエイターが参加できるようになり、

2018年現在、MAがはじまった13年前と比較できないほど多くのものづくり・ハッカー系のイベントやコンテストが開催されております。

そんななか、MAは何を大切にすべきだろう、MAに集まっていただくつくり手の方は、何を大事にしているんだろう。

原点をさがしてみました。

 

それはとてもシンプルで、MAが大切にしたいものでした。

「これ、つくったから見てよ (Make Wow)」

「おおっ、これ、すごいっ!! (Feel Wow)」

ただシンプルに、それが起きる場。

すごいと感じたみなさんが、つくり手にすごいねと直接つたえられる場。

MashupAwards は今までもそういう場でしたが、MA2018は、よりそういう場でありたいと、

Make Wow, Feel Wow

というメッセージを用意しました。

 

そして、一昨年より参加者のアイデアからはじまった、つくり手同士で Wowと称え合う個人賞。

個人賞がたくさん増えたら、なにかが始まる気がしませんか?

Wow をたくさん集めて、たくさん伝えて、たくさんのHEROを誕生させる。

 

そんな Heroes League が開幕します。

トーナメント構成

Mashup Awards は、ITものづくりの発表の場です。
「ハッカソン予選」や「プレゼン予選」などのイベントや「テーマ賞」や「プロが選ぶ部門賞」などでヒーローが選出され、12月の2ndSTAGE や FESTA で一同に集います。

※どのような参加の仕方であれ、オンラインからの作品登録は必須となります。
※賞の数などの内容は変更になる可能性がございます。

トーナメント
みんなで選ぶ
プロが選ぶ
俺が選ぶ

審査基準

チャレンジ度
ギーク度
wakuwaku

※テーマ賞・パートナー賞・個人賞・プロが選ぶヒーロー賞は各授与者が独自基準にて選出を行います。

12作品

ヒーロー賞 プロが選ぶ 9+みんなで選ぶ 金銀銅
  • 各ヒーロー賞に該当した作品におくられる。 各ヒーロー賞毎に選出方法は異なる。
  • 【副賞】賞金10万円 + FESTAでのエキシビジョンプレゼンテーション

約10作品

テーマ賞
  • 各テーマ賞に該当した作品におくられる。 それぞれの協賛パートナーにより選出される。
  • 【副賞】賞金5万円 + MA部門 2ndSTAGE進出の権利

約50作品

パートナー賞
  • 各パートナーのサポートサービスを活用した作品や、独自の基準を満たした作品におくられる。 各パートナー毎に選出される。
  • 【副賞】各パートナー毎に異なる。 + 事務局より盾をご用意します

個人賞
  • 賞を出したい個人が、作品一覧を見て、勝手に賞を申請・提供する。 各個人毎に選出される。
  • 【副賞】提供主毎に異なる。 + 事務局より賞状を用意いたします。

賞の詳細

プロが選ぶヒーロー賞

IoTヒーロー by IoTLT

イケてるIoT作品生み出すヒーローが選ばれます

■ 副賞

賞金10万円、FESTAでのプレゼン

■ 審査基準

チャレンジ度 (ぶっ飛び度、変化球、独創性、アイデア)
ギーク度 ( 突き抜け度、こだわり度、完成度)
ワクワク感 ( 表現手法、体験、デザイン)

■ 選考

オンライン審査にて上位10作品をヒーロー部門賞決勝に選出。
選出10作品による決勝プレゼン(日程は11/23,24,25のいずれかの日程で後日決定)を行い、ヒーローを決定する。
※オンライン審査は部門パートナーであるIoTLTと、MA委員会が共同で担当。
※部門決勝参加者には11/15頃までにご連絡をいたします。


InteractiveDesign ヒーロー by TMCN

アートとテクノロジーを融合された「体験」を生み出すヒーローが選ばれます

■ 副賞

賞金10万円、FESTAでのプレゼン

■ 審査基準

チャレンジ度 (ぶっ飛び度、変化球、独創性、アイデア)
ギーク度 ( 突き抜け度、こだわり度、完成度)
ワクワク感 ( 表現手法、体験、デザイン)

■ 選考

オンライン審査にて上位10作品をヒーロー部門賞決勝に選出。
選出10作品による決勝プレゼン(日程は未定・決定後詳細をこちらに掲載)を行い、ヒーローを決定する。
※オンライン審査は部門パートナーであるTMCNと、MA委員会が共同で担当。
※部門決勝参加者には11/15頃までにご連絡をいたします。


VUI ヒーロー by スマートスピーカーを遊びたおす会 & html5j エンタメ技術部

あたらしいVUIを創造するヒーロー が選ばれます

■ 副賞

賞金10万円、FESTAでのプレゼン

■ 審査基準など

後日詳細掲載


APIヒーロー by MashupAwards

APIの使い方を唸らせる作品を創造するヒーローが選ばれます

■ 副賞

賞金10万円、FESTAでのプレゼン

■ 審査基準

チャレンジ度 (ぶっ飛び度、変化球、独創性、アイデア)
ギーク度 ( 突き抜け度、こだわり度、完成度)
ワクワク感 ( 表現手法、体験、デザイン)

■ 選考

オンライン審査のみ


おばかアプリ ヒーロー by @IT

むだにかっこよくて、ばかばかしくて面白い作品を生み出すヒーローが選ばれます

■ 副賞

@ITのMA2018 ヒーローズ・リーグ レポート記事において、賞獲得のミニインタビューを掲載。
賞金10万円、FESTAでのプレゼン

■ 審査基準

おばか度(独自性、新規性、優れた着眼点、発展可能性)
完成度(実用性、ユーザビリティ、デザイン)

■ 選考

オンライン審査のみ


オレトクヒーロー by MashupAwards

誰のためでもない、とにかく自分が欲しいものをこだわって作ったヒーローが選ばれます

■ 副賞

賞金10万円、FESTAでのプレゼン

■ 審査基準

ギーク度(突き抜け度、こだわり度、完成度)

■ 選考

オンライン審査にて上位10作品をヒーロー部門賞決勝進出作品を選出。


CIVICTECH ヒーロー by CIVIC TECH JAPAN

テクノロジーを活用し自分達の社会を少しでもよくする作品を生み出すヒーローが選ばれます

■ 副賞

賞金10万円、FESTAでのプレゼン

■ 審査基準

チャレンジ度(ぶっ飛び度、変化球、独創性、アイデア)
ギーク度(突き抜け度、こだわり度、完成度)
CIVICTECH度(市民の課題を解決する。誰でも使える。社会をよくする)

■ 選考

オンライン審査にて上位10作品をヒーロー部門賞決勝に選出。
選出10作品による決勝プレゼン(日程は11/23,24,25のいずれかの日程で後日決定)を行い、ヒーローを決定する。
※オンライン審査は部門パートナーであるCIVIC TECH JAPANと、MA委員会が共同で担当。
※部門決勝参加者には11/15頃までにご連絡をいたします。


学生ヒーロー by JPHACKS

斬新で自由なクリエイティビティを表現した作品を生み出す、学生ヒーローが選ばれます

■ 副賞

賞金10万円、FESTAでのプレゼン

■ 応募条件

学生のみで構成されたチーム、もしくは個人による応募を前提とする。(社会人経験がある既卒後学生は対象外とする)

■ 審査基準

チャレンジ度 (ぶっ飛び度、変化球、独創性、アイデア)
ギーク度 ( 突き抜け度、こだわり度、完成度)
ワクワク感 ( 表現手法、体験、デザイン)

■ 選考

応募作品より9作品をオンライン審査にて部門賞決勝進出作品を選出。
JPHACKS2018にてMA2018賞を獲得した作品も本部門賞決勝進出とする。
選出10作品による決勝プレゼン(日程は11/23,24,25のいずれかの日程で後日決定)を行い、ヒーローを決定する。
※オンライン審査は部門パートナーであるJPHACKS2018運営事務局と、MA委員会が共同で担当。
※部門決勝参加者には11/15頃までにご連絡をいたします。


ルーキーヒーロー by MashupAwards

MAをきっかけに人生がかわるポテンシャルをもつヒーローが選ばれます。

■ 副賞

賞金10万円、FESTAでのプレゼン

■ 応募条件

MAを含む他のコンテストで受賞歴が無い個人、もしくはチームのみ応募可能。チームで応募する際はチームメンバー全員が受賞歴が無いことを条件とする。

■ 審査基準

チャレンジ度 (ぶっ飛び度、変化球、独創性、アイデア)
ギーク度 ( 突き抜け度、こだわり度、完成度)
ワクワク感 ( 表現手法、体験、デザイン)

■選考

オンライン審査のみ

みんなで選ぶヒーロー賞
テーマ賞
パートナー賞
個人賞

MA2018 ヒーローズ・リーグ パートナー

Gold Partners (ゴールドパートナー)

nttdocomo
line

Silver Partners (シルバーパートナー)

autodesk
IBM
sony
freee

Bronze Partners (ブロンズパートナー)

alphadrive
kurusugawa
mbs
val

Tech Partners (テクニカルパートナー)

arm
asial
eccube
e2d3
empath
calil
kwc
tinami
toyohashicity
heeartrails
binc
metadata
uniry
yumake
livlog

株式会社エーアイ

エクセルソフト株式会社

NHN JAPAN 株式会社

エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社

富士通クラウドテクノロジーズ

株式会社セゾン情報システムズ

株式会社ヤマレコ

エントリー作品

仮想空間でサイバー攻防を体験できる学習ゲームCyship

2018年10月19日

■ 制作意図・コンセプト
僕はゲーム中毒で不登校だった。学校の授業が退屈だった。
でも僕には僕の世界があって、表現したいモノがあった。
僕は30作以上のアプリを作り、市場に出した。
しかし、その作品がセキュリティ上の問題があると削除された。
だから僕は大学でセキュリティを学んだ。

パーティーハット(光る帽子)

2018年10月19日

頭の動きに合わせて帽子が様々な色に光ります。

 

詳細についてはこちらを参照してください。

http://ajimitei.blogspot.com/2018/09/m5stackneopixel.html

GameControllerizer

2018年10月19日

GameControllerizerは「ゲームコントローラ」として振る舞う独自のハードウェアと,
簡易なプログラミング環境からなるミドルウェアです.

自分の好みのゲーム機にこのハードウェアを接続し,挙動をプログラミングすることで、
既存ディジタルゲームへの操作入力を自在にハックできます.

ClovaとPepperとひと夏の想い出を作ってみた

2018年10月19日

平成最後の夏にLINE ClovaとPepperとでひと夏の想い出として自宅でパレードしてみました。

ClovaはLINEBOOTAWARDのハッカソンでいただいたものです。

最近Pepperつかったみんなが笑顔になるような案件がなかったので、これを見てニヤニヤしてもらえたらうれしいです。

テクニカルな内容としては以下の通りです。

CiirrCUS

2018年10月19日

CiirrCUSは、板野サーカスを題材にしたインタラクティブアートです。

EyeMapply

2018年10月19日

【写真撮影において、撮られる⼈がお手持ちのスマートフォンで、楽しくプライバシー保護まで可能となる。】

宝物探しゲーム

2018年10月19日

日 時間 分 秒 Entry Now MA2018 ヒーローズ・リーグ とは Mashup Awards (MA) とは、2006年にはじまった日本最大級の開発コンテスト。様々なデバイスやAPI、ハードウェア、技術をMa…

こども病院探し-急いで近くの受付可能なこども病院を探せるアプリ

2018年10月19日

緊急時に, いますぐ受付してくれるこども病院を表示します.
他のどのアプリよりも多くの子供病院を掲載しています. ( GoogleMapより多いです )
地図上のピンをタップするとその病院について様々な情報が表示されます. 
現在地からの所要時間, 口コミ, 写真, 住所, TELが見れます. 

CaseLaw – AIを利用した類似判例検索サービス

2018年10月19日

判例を探す時間を減らせるサービスをプレリリースしてみました。
( https://caselaw.jp/)

特徴は以下の3点です。